やすだこどもクリニック

☆くまさん通信Vol.3(アレルギーかな?)

2010.01.20

 よく尋ねられることの1つに、「アレルギー検査をしたほうがいいのかなぁ」という内容があります。
「保育園の先生にアレルギー検査受けてください。」と言われました。とか友達のお母さんに「それって検査したほうがいいのとちがう?」といわれて、どうしたらいいのかなと思われてのお尋ねです。
 中には保護者の方のまず検査ありきという考えで、診察してからの判断は二の次という方もおられます。
 アレルギーの検査といってもいろいろあります。ほとんどの方は血液検査を思っていらしゃると思いますが、血液検査だけではなかなか診断できないのです。
「RAST」「MAST」などの血液によるアレルギー検査は「血液中のIgE(アレルギー抗体)」を測定する検査です。しかし、この検査の値が高くてもアレルギー症状がでない子もいますし、逆に低くてもアレルギー症状がでる子もいます。特に食物アレルギーはIgEだけが原因ではないからです。喘息やアトピー性皮膚炎も同様でハウスダストが陰性でも症状がでている子がいます。また、すぎ花粉の検査でーであってもその時期になると鼻がかゆかったりする人もいます。
 もし、アレルギー検査で卵白が陽性にでてもカビが陽性にでてもこのアレルゲン(原因物質)に対する特定の薬というのはありません!!アレルギーと診断すれば抗アレルギー薬を処方します。また、抗アレルギー薬にもいろんなメカニズムの違う薬が最近ではでていますので、患者さんに合った薬の選択をしていきます。
 食物アレルギーを疑うなら、まずめんどうでも食事メモをつけましょう。すると、口のまわりが赤くなったらその前になにをたべたかがわかりますし、症状が出た時に同じ食品があれば特定できます。
 また、症状がひどくでる場合は負荷試験といって入院施設のある病院で行う検査をします。
 ハウスダストやかびといった原因の場合は除去するといっても限度がありますし、全く0にすることは不可能です。症状がでるときは、薬を服用したり、外用薬を塗布したりして症状の軽減をはかりましょう。
 幼少時のアレルギーは年齢とともに症状が軽減していくことがおおいので、あせらず気長にアレルギーとつきあっていくぐらいの気持ちをもつことも必要です。
 アレルギーをもつ子どもさんのお父さん、お母さんはなんとか治してあげたいと思われるのは当然のことだと思います。ただ、その気持ちが強すぎてしまうと、子供さんへのストレスとなって悪循環となってしまうこともしばしばあります。お父さん、お母さんがのんびり構えていらしたほうがいいようです。ストレスもアレルギーの一因なんだということを知っておくことも必要です。

お問い合わせ
やすだこどもクリニック
〒614-8297
京都府八幡市欽明台西15-6
TEL 075-971-1102
FAX 075-971-1107
e-net診察受付

隔離が必要な方のための入り口を設けています