やすだこどもクリニック

抗生剤投与に関して

2019.12.11

 やすだこどもクリニックでは数年前から抗生剤の使用には注意を払って処方いたしております。
溶連菌感染症など細菌感染が原因の疾患や細菌性感染と院長が診断した時に処方しております。
風邪=抗生剤処方はいたしておりません。
マイコプラズマ感染症や百日咳なども抗生剤を処方します。
しかし、溶連菌感染症もマイコプラズマや百日咳もどんな抗生剤でもよいというわけではありません。
それぞれの病原菌に効果のある抗生剤を処方します。
溶連菌に効果のある抗生剤の中にはマイコプラズマ感染症の患者さんに処方しても効果がない抗生剤も沢山あります。
何でもかんでも風邪をひいたら抗生剤では耐性菌と言って抗生剤で効果が出ない強い菌が発生し、本当に抗生剤が必要な病気の時に薬が効かなくなってしまいます。
インフルエンザやRS感染症、アデノウイルス感染症など風邪といわれる疾患に抗生剤は効果がありません。
しかしウイルス性の疾患後、細菌の二次感染をおこすことがまれにあります。
その時には躊躇せず抗生剤を処方しています。
 厚生労働省も耐性菌を危惧し抗生剤適正使用を促しています。

お問い合わせ
やすだこどもクリニック
〒614-8297
京都府八幡市欽明台西15-6
TEL 075-971-1102
FAX 075-971-1107
今すぐかんたんネット受付 待ち人数確認

山手幹線のスターバックスとやまやの間の道を入り、正面です
※隔離が必要な方のための入り口を設けています